三菱自動車工業のフラッグシップであるSUV(スポーツ多目的車)の「アウトランダーPHEV」が、2021年10月28日にフルモデルチェンジを発表した。アウトランダーは、まずガソリンエンジン車として、初代が2005年に登場している。初代は、フランスのPSAへも供給される(プジョー4007/シトロエン・Cクロッサー)など、SUVとしての商品性が欧州でも評価された。

2012年に2代目となり、その年末にプラグインハイブリッド車(PHEV)が追加発売された。特徴は、2009年に発売された軽自動車の電気自動車(EV)「i-MiEV」のモーターやバッテリーを応用していることだった。また、ガソリンエンジンは搭載するが、それは主に発電用であり、4輪での駆動はモーターのみで行うシリーズ式ハイブリッドシステムを採用している。

1997年に世界初の量産ハイブリッド車(HV)として発売されたトヨタ「プリウス」は、シリーズ・パラレル式と呼ばれるハイブリッドシステムを使い、トヨタは今日も同機構を改良させながらHVやPHEV(トヨタはPHVと表現する)に適用している。このシステムは、ガソリンエンジン車の燃費を2倍に向上させることを目的に1990年代に開発され、走行のための駆動は、エンジンとモーターの両方を走行状況に応じて使い分けたり併用したりする。

シリーズ式を採用したアウトランダーPHEVの価値

アウトランダーPHEVのリヤスタイリング(写真:三菱自動車工業)

アウトランダーPHEVが採用したシリーズ式ハイブリッドは、かつて研究用であったり、商用車での実用例はあったりするが、プリウスの誕生によってHVが日常化した現代においては、乗用車への本格的実用化は近年になってからのことだ。トヨタ方式がガソリンエンジン車の燃費を2倍にすることを目的としたのに対し、三菱自の方式はEVを応用したハイブリッドシステムといえる。その後、日産が同じくEVの「リーフ」の技術を応用したe-POWERを発売し、HVの販売を本格化した。

アウトランダーPHEVは、気候変動抑制のため欧州で急速に進んだ電動化において、EV商品が欧米自動車メーカーでまだ十分に整わない間に、PHEVの最量販車となった。とくに北欧での販売が好調だった。ガソリンエンジン車とはいえ初代アウトランダーが欧州で認められ、また環境性能だけでなく、本格的4輪駆動(4WD)車パジェロでのパリ〜ダカール・ラリーでの活躍などによる4WDの独創技術など、モーターによる4WDとなるアウトランダーPHEVの性能は、厳しい冬を過ごす北欧で歓迎されたといえるだろう。