新型コロナウイルス感染症の拡大が始まってすでに3年目となった今、北朝鮮が突然感染者を発表したことに大きな関心が集まっている。北朝鮮は感染拡大初期の2020年1月末に中朝国境を閉鎖。厳しい感染対策を敷いたことで、これまでコロナ感染者の存在を認めこなかった。これまで感染者の存在を認めず、またワクチンなどの国際社会からの支援も拒否してきた。また、中朝国境は今でも完全に開放しておらず、貿易もわずかに行われているのみだ。

2022年5月12日、北朝鮮の国営・朝鮮中央通信が、「2022年5月8日に平壌のある一団体の発熱者から採集した検体を分析した結果、オミクロン変異ウイルスBA.2と一致する」と述べ、「コロナウイルスのステルスオミクロン変異ウイルスが流入するという重大な事態がつくり出された」として、「国家防疫事業を最大非常防疫体系へ移行する」との朝鮮労働党中央委員会政治局の決定を発表した。

死者6人、感染者数35万人

また2022年5月13日の朝鮮中央放送は、4月末から原因不明の熱病が全国的に、爆発的に拡大し、短期間に「35万あまりの発熱者が発生し、そのうち16万2200人あまりが完治した」と報じた。5月12日の1日で全国的に1万8000人あまりの発熱者が新たに発生し、現在まで18万7800万人あまりが隔離・治療を受けており、6人が死亡したという。さらに5月15日には、1日で35万人以上に発熱が出ていると報道した。

従来、北朝鮮は「感染者はゼロ」「ワクチンも不要」と対外的に主張してきた。ここに来て初めて、自国での患者発生を発表したのはなぜか。

「おそらくコロナ感染者が発生したことを確認したのは今回が初めてだろう」と北朝鮮住民も北朝鮮に詳しい中国の研究者らは口をそろえる。北朝鮮情勢に詳しい、韓国・国民大学のアンドレイ・ランコフ教授は「4月末からほぼ確実に新型コロナウイルスの感染が拡大したと思う。おそらく2022年4月25日に行われた軍事パレードなどさまざまな行事があったので、これが重要なきっかけになったかもしれない」と説明する。