「帯状疱疹」は、激しい痛みを伴う皮膚の病変だ。中高年はもともとハイリスク、近年は若い人にも増えていたが、コロナ禍で世界的に急増しているという。何が起きているのだろうか?

実は、「水ぼうそうは子どもの頃にかかったから、もう安心」と思っている人こそ、帯状疱疹という爆弾を抱えている。これを機に正しい知識を得て、確かな予防アクションにつなげていきたい。

帯状疱疹が急増した「3つの原因」とは?

新型コロナ流行下の今、国内ではまだ公式の統計は出ていないものの、診療現場の実感として帯状疱疹の患者さんが増えている。

これは日本だけではなく、世界的な傾向のようだ。例えばブラジルでは、コロナ以前(2017年3月〜2019年8月)には100万人あたりの帯状疱疹患者数は30.2人だったが、コロナ以後(2020年3〜8月)には40.9人と、35.4%も増加した(International Journal of Infectious Diseases)。77%以上増えた地域もあった。

コロナ禍で帯状疱疹が急増しているのはなぜだろう? 大きく3つの要因が言われている。

① 新型コロナ感染により、免疫細胞やその働きがダメージを受けた

② 新型コロナワクチンにより、一時的に①に似た状況が生じた

③ コロナ禍の心理的ストレスにより、免疫力が低下した

①コロナ感染が帯状疱疹の引き金となることに関しては、アメリカの約200万人のデータを解析した最新研究がある(Open Forum Infectious Diseases)。

50歳以上では、新型コロナに感染した人はそうでない人と比較して、感染から6カ月以内に帯状疱疹を発症するリスクが15%高かった。さらに新型コロナの入院患者では、帯状疱疹の発症リスクが21%高かった。