2022年5月15日、アメリカ・カリフォルニア州のキリスト教会で1人死亡、5人が負傷する痛ましい銃撃事件が発生した。実行犯は台湾から移住したデヴィッド・チョウ(David Chou、周文偉)。一見、台湾人同士の抗争に見えなくもない。だが、一部のアメリカメディアは、チョウはアメリカ政府が外交使節団と認定する中国和平統一促進会のメンバーであったことも伝えている。現在、各メディアで伝えられている犯人のバックグラウンドや、中国統一を高らかに訴える「韓粉」について考えたい。

台湾系信者が1人死亡、5人負傷

2022年5月15日、カリフォルニア州オレンジ郡ラグーナウッズの教会では、台湾系の信者らが日曜礼拝した後、アメリカに帰国した牧師を囲んで昼食会を開催していた。そんな和気あいあいとした場に、チョウはやってきた。

警備員風の青い衣服に帽子をかぶって建物に侵入するなり、出入口の扉を持参した鎖で1つずつ縛っていった。鎖で縛れなかったところは接着剤で鍵穴を塞ごうとしたという。目撃者らは当初、使用時間を過ぎたため、警備員が帰宅を促そうとしていたのかと思っていたと語っている。そして最後の出入口が塞がれると、さすがにおかしいと考えた信者が「これでは私たちは外に出られないではないか」とチョウに話しかけると、準備していた銃で発砲を始めたという。

現場が恐怖に陥る中、ジョン・チェン(John Cheng、鄭達志)医師がチョウにタックルし、続く数人によって取り押さえられた。残念なことに、勇敢にもチョウに向かっていったチェン医師は銃弾を数発受けて帰らぬ人となってしまう。チェン医師は本会のメンバーではないが、半年前に父を亡くし、母に付き添う形でたまたま参列していたのだった。

翌16日に行われた記者会見でオレンジ郡保安官事務所は、チェン医師の行動がなければさらに多くの犠牲者が出ていたことは間違いないと語った。チェン医師の患者だったNFL(ナショナルフットボールリーグ)のジョニー・スタントン(Johnny Stanton)選手をはじめアメリカや台湾から追悼の言葉が寄せられ、残された家族を支援する募金が始まっている。

一方、会見では、犯人であるチョウは中国と台湾の政治的緊張に怒りを募らせていたとも発表された。単独犯ではあるが、事前に銃を数丁、弾倉を十数本準備していたことがわかっている。無差別殺人を計画していた可能性が高く、アメリカ連邦捜査局(FBI)もヘイトクライム(憎悪犯罪)として捜査している。