個人では仲がいいのに、国同士になるとなぜ揉め続けるのか? 韓国で新政権が誕生した今、両国関係はどう変わっていくのか? いったい何を理解すれば、日韓の揉め事が解決するのか? 
これに答えるのが、『最強の働き方」『一流の育て方』などのベストセラーでもよく知られる、在日コリアンのひとりであるムーギー・キム氏。京都に生まれ、日韓両国の文化の中で育ち、世界中で学び働きながらも、物心がついたときから40年にわたり、日韓関係について考えてきた。
日本と韓国、双方の視点や互いの誤解、それぞれの価値観をまとめた新著『京都生まれの和風韓国人が40年間、徹底比較したから書けた! そっか、日本と韓国って、そういう国だったのか。: 文化・アイドル・政治・経済・歴史・美容の最新グローバル日韓教養書』が発売された。著者が「人生を通じて最も書きたかった1冊」だという。
本記事では、そのムーギー氏が「『食の違い』でわかる『日本と韓国』決定的な3つの差」について解説する。

40年間、日本と韓国の間で考え続けてきた

皆様はじめまして、覚えてくださっている方は、お久しぶりです。今まで長らく、メディア活動から遠ざかっていましたが、それは仕事に加え博士課程まで始まり、おまけに子どもも2人生まれて、奥さんの尻にしかれて「東アジアイチのイクメン」をめざして育児に奮闘してきたからです。

しかし、なんといっても最大の理由は、今回出させていただいた「グローバル日韓教養書」の執筆に2年半もかけていたからだ。

40余年に及ぶ自分の実体験に加え、2000年に及ぶ両国関係に関する日本側と韓国側の歴史的文献や学術論文および英語・中国語の文献を読み込み、執筆内容は複数の専門家に何重ものチェックを受け、ようやく完成した1冊である。

なお、7年も続いたミセス・パンプキンの人生相談が何の予告もなく止まってしまったのも、ひとえに私がミセス・パンプキンのドラフトを放置してしまっていたからである。ここで今更ながら、お詫び申し上げたい(パンプキンは、いまも元気にしています)。

本日が新刊の発売日なわけだが、今後しばらくの間、新しい日韓関係に関して、はなはだ僭越ながら私が40年間考え続けてきた事柄の一部を共有させていただきたい