タレントの小島瑠璃子さん(28歳、以下こじるり)が、中国での活動を見据えて来年から現地の大学に留学すると表明した。

イギリスに留学したウエンツ瑛士さんやカナダに留学中の光浦靖子さんのように、芸能人が欧米に留学することは珍しくないが、隣国の中国はなぜかあまり聞かない。当事者以外にはあまり知られていない中国の留学事情を紹介するとともに、こじるりの中国でのキャリアについて考えてみたい。

こじるりは8月8日、ツイッターとインスタグラムに「中国での活動を見据え、来年から中国の大学に留学します」と直筆の文章を投稿した。

以前から中国移住を検討していると公言し、勉強中の中国語も披露していたこじるりは、テレビでの露出が減っているとメディアで指摘された今年6月にも、ツイッターで「レギュラー番組の降板や私の今後について色々な憶測が飛んでいますが、お話出来る状況になり次第皆さんに、自分の口で説明します!」と綴っていた。すでに中国移住の準備を始めていたのだろう。

筆者の推測だが、こじるりは今年9月の留学を視野に、仕事をセーブしていた可能性がある。中国の新年度は9月で、留学カリキュラムも基本的には同月にスタートするからだ。

中国留学はゼロコロナ政策に翻弄

一方で、中国ではゼロコロナ政策で2020年から留学ビザが出ておらず、同年以降中国の大学に進学した日本人は、「中国に親戚がいて、親族訪問ビザで渡航できる」などの特殊事例を除いて、今も日本からオンラインで授業を受けている。2020年9月に中国の大学院に進学した日本人の中には、一度も現地に行けないまま留学を終えそうな人もいるのだ。

上海のロックダウンが解除された2022年6月には、中国政府がようやく「留学ビザの発給を再開する」方針を示し、日本で足止めされている中国政府奨学金の合格者にも、文部科学省から「もうすぐ渡航できる」との連絡が来た。ただしその後日本で第7波が到来し、9月の新学期まで1カ月を切った今も、ビザ発給の進展はほとんどない。

こじるりも本来は9月に中国に留学するはずが、ビザの見通しが立たないことから来年に延期したのではないだろうか。中国留学の希望者は2年以上ゼロコロナに翻弄されているのだ。