海外では新型コロナウイルス感染予防のワクチン接種が進むにつれてマスク着用義務が緩和されつつある。例えば、アメリカでは連邦レベルでのマスク着用義務化が解除されたほか、イギリスやフランスでもマスク着用義務化が撤廃されている。

海外の人がマスクを外し、「コロナ前の生活」を一応取り戻しつつあるのを日本国内の外国人コミュニティの人々が目の当たりにしている中、日本がそれに続くべきかどうかについてはコミュニティ内で意見が分かれている。

居住者と観光客の区別ができていない

事実、新型コロナ危機に際しての日本の対応は、日本に住む外国人間で当初から論争の的となっており、「厳しすぎる」という意見もあれば、「いや、むしろ厳しくしてもしすぎることはない」という意見もある。加えて、新型コロナにかかわる措置は、過去においても、現在においても、日本在住の外国人を非難するような要素があると多くの人が感じている。

「日本人と同じように日本に住み、働き、税金を納めている外国人居住者と外国人観光客の区別ができていないのだと思います」と語るのは、30歳のデザイナー、エモリー高木さんだ。

ウイルスは明らかに誰一人区別せず感染する一方で、日本の厳しい措置がしばしば外国人を標的にしていると感じ、外国人コミュニティの多くの人と同様、高木さんも憤りを感じている。