メルセデス・ベンツのBEV(電気自動車)シリーズとしてスタートした「メルセデスEQ」。

日本ではこれまでSUVの「EQC」「EQA」の2モデルが発売されていたが、ここに新たなラインナップが加わった。セダンの「EQE」と「EQS」である。

EQCとEQAは、いわばEQモデルの「GLC」と「GLA」であり、既存車種のパワートレインをモーター+バッテリーに置き換えたものだった。

今回、発表されたEQEとEQSは、車名から連想されるように「Eクラス」と「Sクラス」のEQモデルだが、その成り立ちはEQCなどとは異なり、電動車専用のプラットフォームによるまったく新しい車として誕生している。

しかし、そんな説明をしなくても、この2台のエクステリアデザインを見れば、既存のセダンとは異なる文法で作られていることは一目瞭然だ。

ボディラインは「ワン・ボウ(弓)」

メルセデス・ベンツのEクラスやSクラスといえば、3ボックスセダンの王道ともいえるスタイルで、長くフラットなボンネットがあり、明確な形状のキャビンがあり、そしてセダンらしいトランクがあった。

それがEQE/EQSでは、ボンネットからルーフ、トランクまでがひと続きの円弧を描くようなスタイリングに変化。メルセデスは、これを「ワン・ボウ(弓)のライン」と呼ぶ。

「EQS」のリヤスタイル 「EQS」のリヤスタイル(写真:メルセデス・ベンツ日本)

近年のメルセデスは、「Sensual Purity(センシュアルピュリティ=官能的純粋)」をデザイン思想として強調してきたが、それが究極的なところまでたどり着いた印象だ。

全長に対し長いホイールベースや短いボンネットは、大きなエンジンとトランスミッションを搭載しないBEVならではのプロポーション。このプロポーションは、キャビンスペースの広さにも寄与している。

「EQE」のエクステリア 「EQE」のエクステリア(写真:メルセデス・ベンツ日本)

おもしろいのは、ボンネットがサービス工場でのみ開閉可能となっていること。室内用エアフィルター交換などのメンテナンス時にしか、もはや開ける必要はないのだ。

フロントフェイスには、メルセデス・ベンツの象徴でもあったグリルの代わりにEQC/EQAと同様の「ブラックパネル」が据えられる。