コロナ禍によって日本帰国時、現地でのPCR検査が必要であったが、2022年9月から3回のワクチン接種によってPCR検査が免除されるに至った。これは実質的な海外旅行解禁ともなるので、筆者も2年6カ月振りに海外へ出てみた。2年以上のブランクがあるので、手強そうな国は避け、治安のいい国ランキングなどにも顔を出すスロベニアへ渡航してみた。スロベニアは日本の四国ほどの面積、人口はたった200万人の小国である。

スロベニアは旧ユーゴスラビア連邦で唯一通貨がユーロの国、ユーロ圏ではもっとも物価が安い国ともいわれている。円安の今、「物価が安い国」というのも渡航先の条件として重要である。

航空券はアテネを拠点にし、往路は成田―シンガポール―アテネ(LCCのスクート)、復路はアテネ―アブダビ―成田(エティハド航空)と飛び、アテネとスロベニアの首都リュブリャナ間はセルビアのベオグラード乗り継ぎで往復した(エア・セルビア)。航空券は総額16万7034円(2022年9月30日出発)、航空券検索サイトで探し、もっとも安かったものを購入したのである。決して安くはないが、円安の現在はこれでもリーズナブルなほうではなかったかと思う。

特急券450円で無料のコーヒーサービス

私はスロベニアのほぼ中央に位置する首都リュブリャナに宿泊し、そこから日帰りで鉄道の旅などを楽しむことにした。

鉄道の旅1日目はリュブリャナから156km離れたスロベニア第2の都市マリボルを往復した。リュブリャナ―マリボル間にはイタリア製振子電車の特急が走っていて、運賃9.6ユーロ+特急券3ユーロ。156kmというと、日本のJR主要3社の幹線だと運賃2640円なので、円安の現在で比較してもスロベニアの鉄道運賃はかなり安い。加えて特急券も3ユーロとリーズナブル。しかも特急列車では無料のコーヒーが振る舞われた。普段、サービス低下が著しいJRを利用している感覚からすると、カルチャーショックに似たものを感じてしまう。