2022年11月前期のCM好感度ランキングは日本マクドナルドのCMが席巻した。総合1位に輝いたのは10月後期に続き日本マクドナルド『三角チョコパイ』。RIP SLYMEの『太陽とビキニ』の替え歌である「♪三角チョコパイの季節〜」というBGMに合わせ、紅葉に染まった公園で伊藤沙莉と志尊淳が三角形をモチーフとしたダンスをする姿を映した。

総合2位には歴代のFIFAワールドカップをイメージした3種のバーガー『時をかけるバーガー』が続いた。オフィスで岡田准一がバーガーを食べようとすると、仲間とともに日韓大会をテレビ観戦していた2002年にタイムスリップ。そしてブラジル大会の2014年、現在へと時空を超えていく岡田が思いを寄せていた女性と再会する様子を描くラブストーリーだ。また岡田がカウボーイに扮した『マックTHEチキン ガーリックペッパーの一撃』も21位に入った。

マクドナルドCMがトップ10に4作品

『ハッピーセット』のCMは新海誠監督の最新作『すずめの戸締まり』とコラボレーション。同作に声優として参加する神木隆之介が店頭でハッピーセットを注文し、手に入れた映画のスピンオフ絵本『すずめといす』を読むストーリーだ。30歳以上の女性を中心に得票し、6位につけた。

本CMは新海監督の『君の名は。』が放送された10月28日の日本テレビ『金曜ロードショー』内でオンエアをスタート。このほか番組内では同社の『ビッグマック』、KDDI『au』、ミサワホームが映画本編とオリジナルストーリーで構成されたコラボCMを展開した。

また11月6日の「青いマックの日」を伝えるCMも好評で、10位に入った。娘と街を歩く父親役の堺雅人が青いマックの袋や青く装飾された店舗を見て、重い病気と闘う子どもとその家族のための滞在施設『ドナルド・マクドナルド・ハウス』を支援するチャリティー・デーだと気付く内容。店長役の井ノ原快彦が店舗を青く装飾する姿を描くCMもオンエアした。