2022年11月25日、スペインの高速鉄道に新たな会社が参入した。「イリョ(iryo)」というブランドのこの会社、その正体は、イタリア鉄道旅客輸送子会社トレニタリアと、スペインの航空会社エアノストラム、3大陸11カ国で公共交通を運営するインフラ企業のグローバルヴィアの3社が共同で立ち上げた民間運行会社だ。トレニタリアが45%の株式を保有、エアノストラムは31%、グローバルヴィアは24%を出資する。

スペインの高速鉄道市場には、スペイン鉄道の高速列車AVEに加えてすでにフランス国鉄の格安列車「ウイゴ(Ouigo)」が参入しており、iryoの参入によって三つ巴の戦いが始まることになる。スペイン鉄道はAVEとは別の新たな格安ブランド「アヴロ(Avlo)」を立ち上げ、これらを迎え撃つ覚悟だ。

マドリード起点に2つのルート

運行開始に先立つ11月21日、関係者や報道陣向けの試乗列車がマドリード―ヴァレンシア間で運行された。11月25日からの運行はマドリード―バルセロナ間のみで、ヴァレンシアへは冬ダイヤ改正の週となる12月16日から営業開始する予定で、2023年以降にはセヴィリア、アリカンテなどへの運転が計画されている。筆者はこの試乗列車に乗車することができた。

iryoのマドリードの始発駅はチャマルティン駅。AVEの始発駅として知られるのはアトーチャ駅で、チャマルティン駅を発着する高速列車はスペイン北西部への列車が中心となっているが、2008年に完成したマドリード市内を南北縦貫するトンネルによって、南東部へ向かう列車も発着するようになった。

iryo and AVE 駅に入線するiryo(中央)。ライバルのスペイン鉄道AVE(右)、フランス国鉄のOuigo(左)と並ぶ(撮影:橋爪智之)

チャマルティン駅の搭乗ゲート前に設けられたレセプションへ向かうと、今回の特別試乗のための乗車券が手渡された。招待客は、鉄道関係者やスペイン各自治体の関係者、それにプレスの面々であったが、プレスに関してはスペインメディアが中心で、一部にイタリアや他のヨーロッパ系出版社が見られ、日本を含むアジアのメディア関係者はざっと見渡して私1人であった。