岸田文雄政権発足後の2回の国政選挙で大躍進し、立憲民主党に代わる野党第1党の座を窺う日本維新の会が、逆風に苦しんでいる。ここにきての相次ぐ所属国会議員の問題行動や発言が、同党の悲願でもある「全国政党」脱皮への障害になっているからだ。

参院選後の8月に長らく代表を務めた松井一郎大阪市長の後継となった馬場伸幸氏は、全国政党化を目標に、10月末から党勢拡大のための「全国キャラバン」を開始した。「大阪の地域政党」との国民的イメージから、関西以外では伸び悩みが目立つ維新だけに、馬場氏は「改革姿勢」を軸に、憲法改正や防衛費増強などの保守的政策を訴えることで、支持拡大に腐心している。

馬場氏は10月30日、全国キャラバン最初の遊説地の仙台市内で「松井一郎さんからバトンを渡された」として、維新が掲げる「身を切る改革」の必要性を熱っぽく訴えた。その一方で、ライバルの立憲民主についても「協調しながら国民のための政策を実現していく」と強調した。

馬場氏は来年4月の統一地方選までに47都道府県を巡る予定で、「街頭演説は地道だが、維新スピリッツを全国に広げていく確かな手だ」と代表としての陣頭指揮に徹する構えだ。

所属の市議がライバルになりすまし

維新は昨年10月の衆院選で、公示前勢力(11議席)を大きく上回る41議席を獲得し、第3党に躍進。今年7月の参院選でも比例代表の獲得議席数は8議席と野党第1党の立憲民主を上回った。ただ、最重点地区とした東京、神奈川、京都、兵庫などの各選挙区で候補者が当選したのは3選挙区だけで、関西以外の地方には浸透できなかった。

そうした中、臨時国会が始まってから、馬場氏の足を引っ張るような党内政治スキャンダルが続発した。まず、元衆院議員の新開裕司氏になりすまし、旧統一教会(世界平和統一家庭連合)との関係を記したビラを配ったとして10月27日、維新所属の堀本和歌子・福岡市議が私文書偽造の罪で告発され、離党、議員辞職に追い込まれた。