ID.GTIは、2027年に発売するという。メカニズム的には、GTIの”伝統”にしたがってモーターをフロントに搭載するようだ。

ID.シリーズの基本は、リアモーターの後輪駆動なのだが(濡れた路面を含めて操縦安定性が高い)、ベースとなるID.2 allは180度転換してフロントモーターを搭載する。

ID.GTI コンセプトのベースとなるID.2 all(写真:Volkswagen) ID.GTI コンセプトのベースとなるID.2 all(写真:Volkswagen)

「心配されるような技術的問題はないようにするし、駆動系を前にもってくると、ハーネス(配線)などが短くできてコストダウンが図れるメリットもあります」

そう語ってくれたのは、ブランド技術開発担当取締役のカイ・グリューニッツ氏だ。

「デザインの背景にあるのは、真の意味での『フォルクスワーゲンとは何であるか』という問いかけでした」

またミント氏は、ID.GTIコンセプトをショーにおいてのいわゆる“客寄せパンダ”ではない、とする。

ID.GTI コンセプトのインテリアはレンダリングのみ発表された(筆者撮影) ID.GTI コンセプトのインテリアはレンダリングのみ発表された(写真=Volkswagen)

「フォルクスワーゲンは、スタビリティ(安定性)、ライカビリティ(好感度)、エキサイトメント(感動)を柱にして、デザイン言語を刷新しています」

その証明ともいえるのが、ミント氏がフォルクスワーゲンのヘッド・オブ・デザインに就任してすぐ、デザインの統括を担当したID.2 allとこのID.GTIコンセプトだ。

「Love Brand:愛されるブランド」であるために

フォルクスワーゲンは、2027年までに11車種の新しいBEVを発売する予定だといい、「遅くとも2033年までにヨーロッパではBEVのみを生産します」(プレスリリース)とする。

技術的、社会的、環境的に、新しい時代に向けて企業がやるべきことは山積みのはず。バッテリーの開発や生産も、技術の進歩が鋭いスピードで進む今、大きな課題だろう。

そこにあって、フォルクスワーゲンは「Love Brand:愛されるブランド」であることを乗用車部門のトーマス・シェーファーCEOは唱える。そこから新世代のフォルクスワーゲンが生まれてくるのだろうか。

IAAモビリティ2023では新型パサートの姿もあった。その他の展示車は記事最後の写真ページにて(筆者撮影) IAAモビリティ2023では新型パサートの姿もあった。その他の展示車は記事最後の写真ページにて(筆者撮影)

さらに、グループ傘下の各ブランドも、デザインによって需要喚起を狙うという。ID.GTIコンセプトと同じタイミングで、クプラは「ダークレブル」というスポーティーなシューティングブレークコンセプトを発表した。

「ウェイン(クプラのウェイン・グリフィスCEO)には、つねに『私を驚かすデザインを見せてくれ』と言っています。今までどのメーカーもやったことのないデザイン。それがダークレブルです」

クプラのヘッド・オブ・デザインのホルヘ・ディエス氏は、ミント氏と同じステージに立って、にこやかにそう言った。

ここまで大胆に発言するフォルクスワーゲン・グループの各ブランド。「BEVを作っているだけでは2030年代を乗り切れない」という危機感の表れと見ることもできるだろうか。

著者:小川 フミオ