伊藤園がコンビニやスーパーなどで販売する「TULLY’S COFFEE」(タリーズコーヒー)ブランド飲料の売り上げが絶好調だ。

2022年度の販売数量は、過去最高の1600万箱を突破。2023年度に入ってからも勢いは衰えず、上半期(各5月〜10月期)ベースで過去最高を更新している。

伊藤園マーケティング本部コーヒーブランドグループの相澤治ブランドマネジャーは、「新型コロナや原料高騰の影響でコーヒー市場は激変しているが、当社のタリーズ飲料の売り上げは好調だ」と胸をはる。

タリーズ飲料のブランド全体の中では、ボトル缶(キャップ付きの缶)コーヒーが販売数量の約8割を占める。コーヒー市場における容器別の売り上げを見ると、ボトル缶コーヒーではボスやジョージアなど強豪ブランドの商品を抑え、旗艦商品「バリスタズブラック」が6年連続で首位となっている。

コーヒー飲料の売り上げは減少

国内のコーヒー市場は主に、家庭用や業務用の「レギュラーコーヒー」、カフェなどの「喫茶」、そして「コーヒー飲料」の3つに大別される。「コーヒー飲料」とは、缶やペットボトル、カップなどの容器に密封された飲料を指す。

コロナ禍におけるリモートワークの増加でレギュラーコーヒーは成長基調にあり、昨今の人流回復により喫茶も回復を見せている。一方、コーヒー飲料は縮小傾向をたどる。2019年まで9000億円超だったコーヒー飲料の売上高は、コロナによる外出抑制の影響から2020年に約8000億円まで落ち込み、以降も大きな回復は見せていない(売上高は伊藤園調べ)。