2023年もあとわずか。大掃除前にと片付けを始める人も多いだろう。不要なモノはさっさと捨ててスッキリ……の前に、こんなデータもあることを知っておきたい。

年末年始の大掃除で捨てられる予定の“かくれ資産”

フリマアプリ大手のメルカリが発表した、「2023年版 日本の家庭に眠る“かくれ資産”」によれば、年末年始の大掃除で捨てられる予定の不要品の資産価値は、1家庭あたり平均8万5000円相当もあるという。

“かくれ資産”とは、1年以上使用しないまま保管しているモノを不要品とカウントし、その保管数量とメルカリでの平均取引価格によって金額に換算した数値のこと。

対象アイテムは、服飾雑貨、書籍・CD・ゲーム、美容・健康関連、ホビー・レジャー、スマホ含む家具・家電・雑貨の5分類。日本全国の家庭に眠る“かくれ資産”の総額は、2023年で推計約66兆6772億円にも上るとか。

大掃除で捨てられる予定の8万5000円のうち、最も割合が多かったのは服飾雑貨で全体の約42%を占め、金額に直すと約3万6000円。

なお、人がアパレル品を処分したくなるのは12月が最多だそうだ。ダウンやコート、ウールやニットなど厚手の服が多いため、かさばるものを売ってスッキリしたいというのはよくわかる。

これらを見ると、われわれは資産と呼ぶにはそぐわないような、お手頃価格の不用品をたくさん抱えているということになり、少し勇気が湧いてくる。