「プラド」の後継モデルである「ランドクルーザー250」とあわせて、2023年8月に国内復活が公言された「ランドクルーザー70」。

そのとき発表されたのは内外装のデザインとパワートレインだけであったが、価格を含めた全貌がついに明らかにされ、11月29日より発売となった。

ガソリン+MTからディーゼル+ATへ

ランドクルーザー70シリーズは、1984年に登場して以来、40年近くにわたって生産が続く超ロングセラーモデルだ。日本では2004年に販売を終了しているが、30周年を記念して、2014〜2015年に期間限定で復活。今回、8年ぶりに日本国内市場に戻ってきたことになる。

30周年時に販売されたモデルからの変更点は、以下のとおりだ。

・商用車から乗用車(1ナンバーから3ナンバー)仕様に
・法規とトレンドに合わせた内外装のデザイン変更
・エンジンがV6 4.0Lガソリンから2.8Lディーゼルに
・トランスミッションが5速MTから6速ATに
・トラクションコントロールなど電子制御システムの採用
・先進安全支援機能「Toyota Safety Sense」の採用
・KINTOでのサブスクリプション販売も用意

前回の復活時はマニュアル・トランスミッションの商用車仕様(初回2年/継続1年車検)だったが、今回は燃費にも優れたディーゼルエンジンにオートマチック・トランスミッションを組み合わせた乗用車仕様(初回3年/継続2年車検)になったため、より手にしやすくなったといえる。

さらにレトロなデザインを大きく変えないまま、電子制御システムや先進安全支援機能が搭載されたことも、うれしいポイントだ。