もうすぐ年末年始の帰省が始まる。地元の名産品をお土産に持っていく人も多いだろう。駅や高速のSA、道の駅などでそれらを購入するのが一般的だが、愛知県豊川市内の大型ショッピングセンター「イオンモール豊川」内にあるセレクトショップが人気を集めている。

東三河の食材を使った食品が人気

今年4月、豊川商工会議所が開店した「豊穣屋 HOUJOU-YA toyokawa no megumi」がそれだ。1階のイーストコート入り口近くにあり、広さは約100平方メートル。店内には豊川市を中心に、近隣の蒲郡市や田原市、豊橋市など東三河にある約40の⼤⼩さまざまな事業者が製造した食品や雑貨、インテリアなど約400アイテムが並ぶ。

さらに、店の入り口近くには週ごとに事業者が入れ替わって新商品や試作品を販売する「チャレンジショップ」も併設している。どの商品もパッケージのデザインが洗練されていて、POP広告からも商品の魅力が伝わってくる。久世福商店やカルディコーヒーファームの並びということもあり、客は自然な流れで店に入ってくる。筆者が訪れた日は平日だったが、老若男女問わず多くの客が商品を吟味していた。

東三河の食材を使った弁当。イオンモール内で働く人にも人気だ(筆者撮影)

東三河は農業が盛んで、とくにキャベツは日本一の出荷量を誇る。また、田原牛やあつみ牛、田原ポーク、みかわポークなどブランドの牛や豚も飼育されている。三河湾に面した町で水揚げされる魚介もレベルが高いと評判だ。言ってみれば、東三河は食材の宝庫であり、それらを使ったお惣菜やスイーツなどの食品が売れ筋だという。