「『KONA(コナ)』は(日本の)道路事情、価格、駐車場を考慮した最適なモデルだ」。ヒョンデモビリティジャパンの趙源祥(チョ・ウォンサン)CEOは新型EV(電気自動車)「コナ」の発表会でそう語った。

韓国の現代(ヒョンデ)自動車は、グループで世界販売684万台(2022年)を誇る世界3位の自動車メーカーだ。昨年2月に日本の乗用車市場への再参入(2009年に撤退)を発表、EVとFCV(燃料電池車)に絞ってオンラインのみで販売してきた。

昨年5月にはEVの「IONIQ 5(アイオニック 5)」とFCV「NEXO(ネッソ)」を投入、日本向けEVの第2弾として11月に投入したのがコナだ。今年3月にフルモデルチェンジしたばかりで、グローバルでは内燃機関(ICE)、ハイブリッド(HV)、EVを展開しているが、日本で販売するのはEVモデルのみとなる。

399万3000円で航続距離は456キロメートル

コナはアイオニック5より一回り小さいSUV(スポーツ用多目的車)で、趙CEOの言葉どおり日本の道路事情に適していると言っていい。日本のEVとしてはかなり安い399万3000円からという価格設定で、20〜30代の若者世代や、初めてEVを購入する消費者をターゲットとしている。

400万円を切る価格で航続距離456キロメートルを実現。最新の安全機能に加え、OTA(Over the Air=無線経由)で地図やソフトウェアをアップデートできるコネクテッド技術を標準搭載する。上級モデルには走行中にフロントガラスに速度などを映すヘッドアップディスプレイなども用意しており、趙CEOは「このクラスでは持つことができない安全技術や利便性、圧倒的な航続距離」と自信を見せる。

最新の安全機能やコネクテッド機能を標準装備している(写真:ヒョンデモビリティジャパン)