コロナ禍で沈んだドトールコーヒーの売上高が、回復基調をたどっている。

運営会社ドトール・日レスホールディングス(HD)が11月14日に公表した、ドトールコーヒーの10月の既存店売り上げは、前年同月比13.5%増と25カ月連続で前年同月比を上回った。客数は同5.2%の増加にとどまるが、2022年12月に実施した価格改定が寄与した。

繁華街や駅前立地で客足が戻る

コロナが襲った2020年以降、ドトールは客数が激減し、売上高も低迷。その後も在宅ワークなどの定着もあり苦戦が続いていた。ところが、コロナ影響が緩和した今年5月頃から人流が回復。とくに、ドトールを多く出店する繁華街や駅前立地で客足が戻った。

ドトールは業績も復調している。新型コロナウイルスの影響を強く受けた2021年2月期は、ドトールコーヒー単体で売上高585億円(前年比26.6%減)、営業損失27億円(前期営業利益48億円)と大幅に数字を落としていた。

しかし、今2024年2月期上期(2023年3〜8月期)のドトール単体の業績は、売上高428億円(前年同期比14.2%増)、営業利益21億円(同3.3倍)と増収増益で着地。2024年2月期の通期業績も、売上高801億円(前期比5.5%増)、営業利益26億円(同2.5倍)を計画する。