アニメ大国の日本。アニメ文化が育った理由としてはいろいろ考えられるが、一つ大きなものとして、可愛いもの好きな国民性があるだろう。例えば、日本の携帯電話会社が開発した絵文字と、海外のものを比べると、日本のものが圧倒的に可愛い。また兎や蛙をユーモラスに擬人化した「鳥獣戯画図」を見てもわかるように、可愛いもの推しは古来の伝統と言える。

そんな日本で、クマのキャラクターをきっかけに伸びているチョコレートブランドがある。

スペイン発の「カカオサンパカ」だ。

可愛らしいベア型のチョコレート

広告塔とも呼べる商品が、「ハートベア カロロ」(税込1万2960円)。ハートがトレードマークの、つぶらな瞳が可愛らしいベア型のチョコレートで、高さ14.5cmといかにも食べ応えがありそうだ。また、それよりは小型の「スモールベア」には女の子のエマと、男の子のペタ、2つのタイプがある。こちらは高さが6cmで、エマが税込3240円、ペタが税込3456円。高価格だが、バレンタインデーやホワイトデーの人気商品だ。立体でインパクトがあり、プレゼントした相手にサプライズの喜びを与える。また「他と被らない」ことが人気の理由だという。

ブランドを広く知らしめた理由の一つが、ベア型のチョコレート。インパクトがあり、他のプレゼントと被りにくいことから、バレンタインデーの活発な日本市場でとくに人気を集めている(撮影:今井康一)