シンガポールでは久しぶりにゆっくりして帰ってきた。そして4日の新年社員総会に何食わぬ顔で出席したら、いきなり役員に言われた。

「谷くん、お前、正月寛平と海外行ってたやろ」

「どうして知ってはるんですか?」

「寛平の後ろでテレビにしっかり映っとったわ」

やっぱり。

そのシンガポールでは朝からゴルフに行った。キャディなし、途中休憩なしで1ラウンド回るのである。なんせ赤道直下の国だから、12月や1月といえど35度近い気温だ、午前中でないと暑くて回ってられない。

ゴルフ場で昼ご飯を食べてビールを飲んで、ぼくらはタクシーでホテルに戻るのであるが、寛平さんは走って帰る。ゴルフだけでもバテバテなのに、太陽が照りつける下を寛平さんは走るのである。どんな体力をしているのだと思った。翌日も同じだ。寛平さんは汗びっしょりになってホテルに戻ってきた。

走るようになって、短気な性格が変わった

寛平さんのすごさはなかなかわからない。どこまでが本当で、どこからが冗談なのかわからない。一見すると何にも考えてない人のように思うが、実はなかなか深く考えている。ほんとに懐の深い人なのだ。

寛平さんは誰にも優しくて、穏やかで、人の悪口を言うのをほとんど聞いたことがないが、若い頃はやんちゃで、気が短くてすぐに腹を立てていたという。

そんな寛平さんが変わったのは、走るようになってからだという。