兵庫県姫路市に本社を置く神姫バスは2024年4月、新型のツアー専用車両「YUI PRIMA OLIVIA(ゆいプリマ オリビア)」の運行を開始した。

同社は2016年から専用車両「ゆいプリマ」による高付加価値のバスツアーを実施しているが、新たに瀬戸内エリアを周遊するツアーのために車両を2台新造した。欧米・東南アジアを中心にインバウンドの富裕層や、首都圏からの旅行客を取り込む考えだ。

ドーム状の天井の車内

デザインはこれまでに3台導入したゆいプリマと同様、工業デザイナーの水戸岡鋭治氏が担当。木材を多用し、頭上の荷物棚をなくしてドーム状の天井に仕上げた。1人用座席と2人用座席が7列の21席。各座席にはテーブルとカップホルダー、小物入れ、充電用USBソケットを備える。1号車と2号車では車内の色合いに変化をつけた。

車両後部には瀬戸内の地酒や銘菓などを提供するためのカウンターを設置。専属のアテンダントが乗務し、ドリンクを席まで運んでくれるという。コートなどを預かるクロークや温水洗浄付きのトイレも配置した。

【写真】最新「超豪華バス」の座席を取り付ける前の車内、工場での関係者へのお披露目の様子を独占取材(40枚)