「女子アナ」の役割と闘って得た本音の生き方 小島慶子さん「もうすぐ女子アナは絶滅する」

「女子アナ」の役割と闘って得た本音の生き方 小島慶子さん「もうすぐ女子アナは絶滅する」

TBSアナウンサー時代、とくにラジオでその才能を開花させた小島慶子さん。独立してからはエッセイスト、タレントとして、また近年はジェンダーの視点から鋭い社会批評を展開する小島さんに、「女子アナ」なるもの、そして女性アナのあり方について、じっくり聞いてみた。

就いた職業は「役割」に閉じ込められていた

私がアナウンサーになった理由は、男性と対等に稼ぎたかったからです。大学を卒業した1995年は男女雇用機会均等法の施行から10年目で、一般企業の女性総合職は、成績優秀者ばかりの狭き門。でも、面接と実技試験が中心の放送局のアナウンサーならば、優等生でない私でもなれるかなと思ったんです。 

女性の局アナは、高収入の正社員という意味では勝ち組サラリーマンですが、同時に「職場の華」であることも求められます。男性のホモソーシャルな職場に女性が参入するときには「待遇は対等でも、男性を立てるのが女性の仕事。私はちゃんと女の立場をわきまえます」と、男女平等の踏み絵を踏まされる。それを画面で体現するのが「女子アナ」という存在でした。

局アナは会社の好感度を上げるための要員ですから、人気者になるのも仕事のうち。従順で男性ウケするように振る舞うのもプロ、と自分に言い聞かせたこともありました。

局アナはさまざまな仕事をしますが、ある種の職人技が求められるスポーツ実況を除いては、あくまで「発表係」。ジャーナリストでも表現者でもありません。とても中途半端な立場なんです。華やかに見えますが、放送局のなかでは、ほかの仕事よりも一段低く見られることもあるんですよ。


関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索