カロリー絞っても「やせられない」という逆説 疲れやすくなる、集中力低下などの悪影響も

カロリー絞っても「やせられない」という逆説 疲れやすくなる、集中力低下などの悪影響も

年末・年始で増えた体重を減らそうと、ダイエットニーズが高まる1月。さまざまな減量法が唱えられるなか、「摂取カロリーを抑える」というのは定番中の定番メソッド。アサヒグループ食品の調査によると、実に9割近い人が「食事の量やカロリーの調整やコントロール」、7割超の人が「カロリーの低い食事を心がける」をしたことがある、と答えています。

しかし、「カロリーを減らしても決してやせないことは、科学的に判明している」と異を唱えるのは、『トロント最高の医師が教える 世界最新の太らないカラダ』を上梓した、医学博士のジェイソン・ファン氏。カロリーを制限してもやせない理由、そしてカロリー制限ダイエットの知られざる危険性を、減量専門医が解き明かします。

体重増加の6割が年末年始

体重は年間を通じて、規則的に増えるわけではないことをご存じでしょうか? たとえば北米の場合、年間の平均的な体重増加は0.6kgですが、そのうち60%は年末休暇の6週間で増えています。

よって、この時期にダイエットのニーズが高まる傾向にあるのですが、「摂取カロリーの削減」「低カロリー食によるダイエット」では期待しているほど効果は得られません。無駄な努力に終わるどころか、「前以上に太る」危険さえはらんでいるのです。

私たち減量専門医がつねに頭を悩ませている問題があるのですが、それは、「太った医者がいる」ことです。

人間の生理学の権威と認められている医者たちは、肥満の原因を知っているはずで、その対処にも長けているはずです。なのに、なぜ太った医者がいるのでしょうか? それは、これまで唱えられていた「食べる量を減らし、運動量を増やす」という減量理論が、実は間違っているからです。

肥満は、長い年月をかけて蓄積していくものですが、私たちが得る肥満についての情報の多くは、「ほんの数週間」の研究から導き出された情報であることがほとんどです。1週間足らずの期間しか扱わない研究も何千件とある――これが、ダイエットの根拠の実情です。

カロリーを削ったり運動したりすれば、一時的に体重は減ります。しかし、一度暴食しても体重が永遠に増えたままにならないのと同様、減量効果は長続きせず、「ホメオスタシス」という体に備わった現状維持システムが働いて、体は「体重が減る前の状態」に戻ろうとするのです。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索