30歳「一見普通な僕」の誰にも言えない過去 父になる彼が学生時代に溺れた脱法ハーブ

30歳「一見普通な僕」の誰にも言えない過去 父になる彼が学生時代に溺れた脱法ハーブ

東京に憧れ、高校卒業後は都内の私立大学へ進学。奨学金は借りず、親からの仕送りを10万円ほどもらい、それに加えて運送のアルバイトで稼いで生活をした。家賃は6万円だった。オールラウンドサークルにも入ったが、途中からつまらなく感じ始めて2年の途中で辞めた。

そして、思いもよらぬ誘惑が彼を襲うことになった。

「当時、脱法ハーブ(現在は危険ドラッグに名称変更)ってはやったじゃないですか。今は違法ですが、当時はまだ合法だったので、あれにどっぷりハマってしまって……。音楽やファッション、サブカルチャーが好きなので、その関係の友達経由でハーブを始めたら、廃人生活に突入してしまいました。

普通に駅前の雑貨屋で売っていたし、あまり罪悪感もなく、タバコ感覚で吸っていましたね。当時、大麻は1グラム3000円でしたが、ハーブは3グラムで3000円というお手軽価格で購入できました。学生時代を振り返って何がいちばん楽しかったかと聞かれると、ハーブしか思い浮かばないんですよね……。結局、ハーブにハマりすぎて大学にも行けなくなったので、休学という措置を取りました」

当然親は、浩二さんが休学した理由を問い詰めたが、薬物にハマっているとは口が裂けても言えない。親ともめた末、仕送りはいらないと伝え、3年間休学した。休学中もハーブを吸い続け、アルバイトをしたり海外旅行をしたりしてフラフラして過ごした。しかし、休学2年目を迎えたところで、だんだん周りの友達も「この状態、ヤバくないか?」と言い始め、彼自身も流されるように復学をした。

復学、ハーブとの決別から就活へ

「卒業だけはしておくかと、頑張って1年間で単位を取って卒業しました。復学のタイミングでハーブもきっぱりやめました。就職はする気がなく、とりあえずフリーターでもやるかと思っていた矢先、当時のアルバイト先のカフェで現在の嫁さんと出会いました。彼女に『この先どうするの?』と聞かれ、恥ずかしながらその言葉をきっかけに就活を始めた感じです。リーマンショックが落ち着き始めた後で、いくらか景気は安定していたのですが、こんなに空白期間のある学生を採る企業なんてなかなかないので、就活はとても苦労しました」

そして、制作会社に契約社員として採用され、下っ端ADとして働き始めた。就職を機に引っ越しもした。家賃は学生時代より5000円アップの6万5000円。手取りは22万円でボーナスはなかった。まじめに働いていたつもりだったが、パワハラに耐えきれず1年で退職した。


関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索