健康論に振り回される人を襲う「不幸な悩み」 大切なのは心の健康を確保することだ

健康論に振り回される人を襲う「不幸な悩み」 大切なのは心の健康を確保することだ

メディアが体にいいと取り上げるたびに、いろんな食品が店の棚から消える日本。嗜好品の摂取を控えるのはもちろん、マイクロ波を避けるために電子レンジを使わない人もいる。「そういうことよりも重要なのは心の健康」。人生経験、話術、漢方薬で患者の心を元気にする、イグ・ノーベル賞受賞の英オックスフォード大学・新見正則医学博士による健康論『健康マニア、何が楽しい 体にいいことばかりやってて疲れない?』。

不安がなくなると医療が正常化する

──「メメント・モリ(死を思え)」と言われている感じです。

ベースにあるのは、「どうせ人は死ぬから、それまで楽しく生きればいい」。それが長生きとトレードオフになるのはおかしいので、運動でも酒でもリスクを知って対処すればいいと思っています。

──患者に「死ねば治る!」(笑)。昔からそうだったんですか。

外科医だった頃は、1日でも長生きさせるのが仕事だと思っていた。きっかけはセカンドオピニオン。1998年にイギリス留学から帰ると、日本はセカンドオピニオンなんてとんでもないって雰囲気。ゼロからつくるのが好きなので、喜んでやらせてもらいました(笑)。全国から病気の治らない方が来て、話を1時間聞く。「こんなことで悩んでいるんだ」というのが集積されて今に至っています。10人中9人は適切な治療を受けているのに、本人は不安。「正しいんだよ」と言ってあげるだけで、不安がなくなって、医療が正常化していく。

──不幸な悩みは誤った健康情報からくることもある?

ある。「寝ないとがんになるらしいから寝たいんだけど、寝ても寝た気がしない」とかね。「50歳を超えたら寝た気はしないよ」と言ってあげると安心します。健康情報が氾濫していて、それで不健康になるなんて本末転倒。公共放送も含めて、メディアはある健康法に「悪い」というエビデンス(証拠)がなければ平気で流すから、みんなが右往左往する。こんなのが効くこともあるらしいですよ、くらいにしてくれればいいのに。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索