堀ちえみさんが患う「口腔がん」はどんな病気か 早期発見しにくく日本では毎年7000人が罹患

堀ちえみさんが患う「口腔がん」はどんな病気か 早期発見しにくく日本では毎年7000人が罹患

さらに気をつけなければいけないのが、飲酒時の喫煙です。普段はタバコを吸わないのに、お酒飲むときだけ吸う、なんて人もいらっしゃいますよね。飲酒時の喫煙は、タバコに含まれている発がん性物質がアルコールによって溶け、口の粘膜に直接作用するため、余計にリスクが高くなると言われています。

バランスのいい食事はもちろんですし、口の中に治していない虫歯や、磨き残しで汚れている歯があると、口の粘膜が傷つき口腔がんになりやすい環境になります。

最近、歯医者に行っていなかったり、口に違和感があったり、歯石を取ったことがない、歯がしみるなどの症状があったりする人は予防の意味も含めて歯医者を受診して、悪いところは治し、クリーニングをして口の中を清潔に保ちましょう。それも、口腔がんの予防になります。免疫力を高めることも重要です。体の免疫力を高めると、悪性腫瘍ができにくいことがわかっています。

口腔がんにならないためのセルフチェック10カ条

まずは、口腔がんにならないために、簡単ではありますが以下のことに気をつけましょう。

まず、セルフチェックとして、

1.なかなか治らないしこりや腫れはないか?

2.赤くなっていたり、白くなっているところはないか?

3.2週間以上治っていない口内炎はないか?

4.合わない入れ歯を使っていないか?

5.食べ物がのみ込みにくいなどはないか?

6.1日にタバコを40本以上吸うか?

7.1日に日本酒換算で3合以上飲むか?

8.口が開きにくくなってきたりしていないか?

9.唇や舌がしびれたりしないか?

10.抜歯後など、口内の傷の治りが悪くなってないか?

口腔がんにならないためには、生活に気をつけるのがいちばんです。口腔がんで手術などになれば、食事や発音などに支障が出て生活の質はどうしても落ちてしまいます。繰り返しになりますが、健康でおいしく食事をしていくためにも、定期検診は本当に大事なのです。

著者:小林 保行


関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索