52歳弟の「孤独死」が兄に作り上げさせた仕組み その先に起こりうる悲劇を防ぐために

52歳弟の「孤独死」が兄に作り上げさせた仕組み その先に起こりうる悲劇を防ぐために

紺野氏は、現役世代に向けて、無料で運用できる安否確認システムを開発した。

弟の死がきっかけでシステムを開発することに

「弟の死がきっかけで、孤独死をネットで調べるようになったんです。システム関係の知識があったので、他人事じゃないというのを実感した。ちょうど仕事をやめた直後で、これからの人生どうしようと思っていたときに、残りの人生を世の中のためになることをやらなきゃいけないという思いが強くなったんです」

紺野氏が開発したシステムでは、LINEに友達追加して登録するだけで、2日に1度、設定された時間に安否確認のメッセージが届く。OKをタップすれば、安否確認が済み、応答がなければ24時間後、さらにその3時間後に再度安否確認のメッセージが届く。それでも応答がない場合は、NPOの職員が直接本人の携帯に電話するという仕組みだ。

本人の安否確認が取れなければ、最初に登録した家族や友人などの近親者にNPOのスタッフが直接電話する。このサービスはスマホを持っていれば、誰でも無料で使用できる。生死に関わることなので、営利目的にはしたくないという思いがあり、現在は無料で運用しているのだという。

ただし、企業や個人から寄付は、受け付けているという。

孤独死から見えてくるさまざまな社会の問題は、解決するには困難なものばかりだが、逆にそこから個人でできること、少しでも物事を変える方法にたどり着くこともできる。紺野氏の活動はまさにそうだ。一人ひとりが問題意識を持つことで、社会的孤立をめぐる状況は改善していくだろう。

著者:菅野 久美子


関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索