iPhone 12シリーズは、5.4インチのiPhone 12 miniを除けば、大画面モデルが多い。6.7インチのiPhone 12 Pro Maxはもちろん、4機種の中で真ん中のサイズになるiPhone 12やiPhone 12 Proでも、6.1インチと比較的大型だ。ディスプレーのサイズが大きいと、文字や映像が見やすく、迫力も出る反面、片手での操作がしづらくなるのが難点だ。

とくに日本の場合、iPhone 3Gが導入された際に、パソコンのキーボードのようなQWERTYキーではなく、携帯電話のそれをモチーフにした10キー入力が導入された経緯もあり、フリック入力が主流になっている。親指でキーを弾くように入力する仕組みのため、どうしても片手持ちでの入力のしやすさが重視される傾向にある。そのため、画面サイズの大きなiPhoneでは、入力方法に一工夫が必要になる。

また、iPhoneはiPhone 11シリーズから圧力を検知する3Dタッチが廃止されたため、カーソル移動の方法も変わってしまった。一般的なスマホの機種変更は2年から3年サイクルになるため、iPhone 12シリーズでどうやってカーソル移動をすればいいかわからないユーザーもいるはずだ。そこで今回は、iPhoneのキーボードで快適に入力するための技を紹介していこう。

1.キーボードの「左右寄せ」はマスト

サイズの大きなiPhoneを片手で持って文字を入力しようとすると、どうしても画面の端に指が届かないことがある。iPhone 12で横幅が71.5ミリ、iPhone 12 Pro Maxに至っては78.1mmもあるため、手の大きな人でも、なかなか片手で入力するのは難しいはずだ。そのようなときには、キーボードを左右に寄せるように設定しておきたい。

設定は簡単で、キーボードが表示されている際に、地球のマークを長押しして、左右どちらかに寄ったキーボードのアイコンをタップするだけだ。「設定」の「一般」にある「キーボード」で「片手用キーボード」を選び、「右側」か「左側」を選択してもいいが、入力時に設定してしまうほうが簡単だ。