近年、プロ野球の春季キャンプは沖縄県への一極集中が進んでいる。温暖で、練習試合の対戦相手が多く、移動が容易であることから、宮崎や高知からキャンプ地を移転したり、2次キャンプ地として利用したりする球団が増えたのだ。しかし、今季は新型コロナ禍で様相が一変した。

沖縄県は1月19日に独自の非常事態宣言を発出、2月4日には2月28日まで宣言を延長すると発表した。当然、春季キャンプは無観客での実施となる。プロ野球キャンプは沖縄県では2月最大の観光イベントの1つだったが、今年は球団関係、報道関係を除いては、ほとんど売り上げが期待できないこととなった。

影響が深刻な離島のキャンプ

とりわけ深刻なのが、沖縄県の離島で行われているキャンプだ。石垣市の千葉ロッテマリーンズキャンプは例年通り行われたが、もちろん無観客。飲食店などの出店もなかった。

観客のいないロッテキャンプ(写真:筆者撮影)

ロッテキャンプと言えば、台湾の楽天モンキーズ(2019年まではLamigoモンキーズ)との練習試合が有名だった。シーズンでいちばん早い対外試合であり、例年、注目の新人選手がデビューすることからメディアも大いに注目していた。

また台湾側は観戦ツアーを組んで、フェリーや飛行機で台湾のファンも詰めかけた。台湾野球名物のチアガールも帯同し、球場外に設けられたステージではロッテのチアガールとの競演が行われ、それが目当ての日本、台湾のファンが詰めかけた。しかし今季は、台湾勢も来日せず、キャンプ地は静寂に包まれていた。

まだ春季キャンプが行われただけ石垣島はよかったといえるかもしれない。久米島(久米島町)では2005年の創設以来、東北楽天ゴールデンイーグルスの一軍、二軍が春季キャンプを行っていたが、今年は小さな離島で大人数がキャンプをすることのリスクを考慮して、一軍は、昨年までの2次キャンプ地だった沖縄本島の金武町で実施。二軍は沖縄本島中部の具志川球場(うるま市)でキャンプを行った。