家事や育児、介護などの分担をめぐって、家族間で言い争いが増えて、いつのまにか一緒にいて心地よい存在だったはずの家族が「つかれる存在」になってしまった……そんな話を聞くことがよくあります。

どうして自分の不満が家族に伝わらないの? どうしたら「つかれない家族」になれるの? そんなふうに「つかれる家族」と「つかれない家族」を考察するこの連載。

数回に分けて台湾・台北に住むある家族の話を紹介していますが、第1回は「離婚してシングルマザーになって台湾に渡った経緯」(記事はこちら)、第2回は「シングルマザーを襲う呪いの言葉」(記事はこちら)、第3回は「再婚までの経緯」(記事はこちら)、第4回は「台湾の産後ケア(月子)」(記事はこちら)、そして今回は「結婚における“相性”とは?」について紹介します。

お互いが満足できる家事分担