3組に1組が、離婚をする時代だと言われている。仲人をしている経験から言えば、離婚経験者ほど次の結婚を望むし、お相手を探すのも早い。失敗をしても、「結婚は、もうこりごりだ」とならないのは、離婚した相手とは相性が合わなかっただけで、結婚自体はいいものだったと考えている人が、多いからではないだろうか。

仲人として、婚活現場に関わる筆者が、婚活者に焦点を当てて、苦労や成功体験をリアルな声とともにお届けしていく連載。今回は、38歳男性の離婚までのいきさつを追いながら、再婚について考えてみたい。

恋愛経験がなく、相談所に入って結婚した男性

会計事務所に勤めている智明(仮名、38歳)が、入会面談にやってきた。166センチと小柄だが、スリムな体型で、目鼻立ちの整ったハンサムだった。

「実は半年前に、離婚をしました。前の妻とも結婚相談所で出会ったんです。1年1カ月の結婚生活でした。僕は前の相談所に入るまで、恋愛らしい恋愛をしたことがなかったんです。女性と2人きりで食事をしたり出かけたりするのは、相談所に入ってからのこと。35回お見合いをして、35人目に会ったのが元妻でした」

そして、前の結婚について、語り出した。

相談所に入ったのは、36歳になる直前だったという。成婚が決まったのは、38歳になる直前のこと。1年間に35人と会ったのだから、それまで恋愛経験0だった空白の時間を、短時間で一気に埋めたことになる。もしも普通に生活していたら、38歳になるまでに結婚を考えている女性と35人も巡り会うことはできないだろう。

「彼女とは、4月にお見合いをして、1カ月半のうちに9回ほど会い、プロポーズをしました」

1カ月半で結婚を決めるのは、早すぎると思う人がいるかもしれない。しかし、結婚相談所では、珍しいことではない。