もう何年も婚活をしていると、「恋愛と結婚は違うのだから、この辺で決めてしまおう」と可もなく不可もなしの相手を選ぼうとすることがある。しかし、結局はその相手との結婚が決断できず、婚活を再開させることになる。そして、それが婚活疲れにつながっていく。

仲人として、婚活現場に関わる筆者が、毎回婚活者に焦点を当てて、苦労や成功体験をリアルな声とともにお届けしている連載。今回は、10年婚活した女性が、先日成婚退会。その相手にお見合いで出会ったときに、彼女が感じた感覚について記しながら、「人生の伴侶に出会うというのはどういうことなのか」を一緒に考えてみたい。

高収入だが、女性に食事は奢らない

菜穂子は、婚活を始めて10年になる。私の相談所に移ってきてからは、4年弱だ。電子メーカーに勤めていて、年収は400万円、服装やメイクに派手なところはなく、一派的なOLという印象だ。

この4年弱の活動を見ていく中で、最初の2年は、かなり勢力的にサイトからお申し込みをかけていた。しかし、お見合いから交際に入っても2、3度会うと交際終了になることが多かった。2年を過ぎた頃には婚活疲れが見えてきて、活動も失速していたが、それでも止まることはなく、低空飛行ではあったが会い続けていた。

この4年弱のうちに、私が印象に残っている男性が3人いる。

1人は、美夫(仮名、当時40歳)で、彼女が35歳のときに見合いした5つ年上の男性だった。彼は、それまで菜穂子が会った中では一番条件のいい男性で、IT企業に勤めており、年収も1300万円あった。貯金額も、「将来の生活に困らないくらいはすでに持っている」と、付き合いが始まったときに、彼は言っていたようだ。

婚活疲れを起こし始めていた菜穂子は、「よっぽど変な人ではない限り、もうここで決めてしまいたい」と、私に言っていた。