【2021年6月24日12時12分追記】初出時からタイトルを見直しました。

6月はLGBTQ(性的少数者)の理解を深め、啓発活動を推進する「LGBTプライド月間」にあたり、世界中でさまざまなイベントや活動が行われている。

そんな中、当事者の立場からトランスジェンダーであることの葛藤や家族との対話、そして将来の夢に対する思いを描いた1本のドキュメンタリー映画が6月19日に公開される。作品のタイトルは、杉岡太樹監督作の『息子のままで、女子になる』(英語タイトル“You decide.”)だ。

映画の主人公である、サリー楓さんは、日本と海外の大学で建築を学び、デザイン事務所に就職後、海外3カ国でインターンを経験。さらなる飛躍を目指し、慶応大学大学院政策・メディア学科にて環境デザインを学んだ後、日建設計に就職、現在は建築コンサルタントとして活躍中である。

大学院在籍時にトランスジェンダーをカミングアウトするとともにSNSやブログで情報発信を開始。また、パンテーンのCM「#PrideHair」に起用されたほか、「AbemaTV」のコメンテーターを担当、講演活動も行うなど活躍の場を広げている。今回はそんな彼女に情報発信を始めた理由、企業におけるダイバーシティの推進、女性として生きる中で感じたことなどについて話を聞いた。

トランスジェンダーのロールモデルになりたい

――劇中では、トランスジェンダーのビューティーコンテストである「ミスインターナショナルクイーン」への出場シーンが登場します。

就職活動をするLGBTQの人たちのロールモデルになりたいと思って、ブログやSNSで情報発信を始め、若い世代のLGBTQの人たちが注目する「ミスインターナショナルクイーン」の日本大会にも出場しました。

それまでの出場者は芸能人、ニューハーフキャバクラなどに勤務する人たちで、学生や会社に勤務する社会人はいませんでした。建築を学ぶ自分を世間に知ってもらうことで、従来のトランスジェンダーに対する見方を変えることができるのではないかと思ったんです。