2カ月間限定と決めて登録したマッチングアプリで出会った男性と「授かり婚」を果たした女性がいる。東海地方で福祉関係の仕事をしている藤沢彩さん(仮名、38歳)だ。

Zoomにてインタビューをお願いすると、生後5カ月の息子をあやしながら応じてくれた。現在、夫である宏明さん(仮名、39歳)との間に2人目の子どもを妊娠中らしい。

「育休と職場復帰を繰り返すぐらいなら、今のうちに2人目はどう?と夫に提案したら賛成してくれました。家をローンで買うときも同じで、私の言うことを否定せずに一緒に進んでいってくれます。婚活を始めたときの理想のタイプではないけれど、私が理想の結婚生活を送れるのはこういう人なんだと感じています」

彩さんはよく話してよく笑い、活動的な色白女性だ。30代前半までは男性関係で苦労しなかったと振り返る。別れたとしても友人の誰かが次の人を紹介してくれた。

「結局、モテるタイプの男性が好きなんです。しゃべりに変な間が空かず、一緒にいて楽しい人です」

20代のような軽い調子で語る彩さん。わずか5年前には結婚を視野に入れながら付き合っていた恋人がいた。印刷会社で働いている5歳下の周作さん(仮名)だ。いつもの恋愛と同じように友人の紹介で知り合い、アウトドアの趣味も同じで気が合った。

しかし、1年ほど付き合ってから一緒に暮らそうとしたところ、周作さんの年収は300万円ほどだと判明。彩さんより100万円ほど低い。年下だから仕方ないかと思っていたが、入社して8年間で一度も昇給していないという。

「転職も進めましたが、彼がやりたい仕事はこの地域ではあまりないみたいです。そもそも仕事より趣味が好きな人で、残業は絶対嫌だと言っていました。私は福祉施設で働いていて夜勤も残業もあってキツイこともありますが、その分だけ給料をもらえれば我慢できます。でも、私が残業しているときに彼からアウトドアを楽しんでいるSNSが送られてくるとイライラするようになってしまいました」