急な豪雨や雷など何かと私たちを振り回してくる不安定な夏の空。「急変しやすい夏の天気は積乱雲の影響によるもの」と語るのは、映画『天気の子』の気象監修者としても知られる雲研究者の荒木健太郎氏です。今回は、“積乱雲”をキーワードに、荒木氏の近著『空のふしぎがすべてわかる!すごすぎる天気の図鑑』を一部抜粋・再構成し、変わりやすい夏の天気について紹介します。

日本で降る雨の大部分は上空の雪がとけたもの

誰でも一度は「積乱雲」という雲の名を聞いたことがあるかと思います。実は、積乱雲は気象災害をもたらす代表的な雲。大気の状態が不安定なときに発生し、局地的大雨や落雷、竜巻、突風やひょうが降る原因となります。遠くから見ている分にはきれいなかたちを楽しめますが、その真下では激しい雷雨などになっているのです。

過去に、気象レーダーを使い、発達した1つの積乱雲の中に含まれる水の量を計算した研究があります。その研究からは、なんと積乱雲の中には最大で600万トンの水が含まれているということがわかっています。

600万トンの水というとあまりイメージできないかもしれませんね。これは、25mプール(幅16m、深さ1.5m)約1万杯分と同じ量。また、一般的なご家庭のお風呂(水量200kg)に換算すると、だいたい3000万杯に当たります。積乱雲には、とんでもない量の水が含まれているのです。

梅雨に始まり、日本の夏は嫌になるくらい雨が多く降ります。実は、暑い日に突然降り出す雨を含め、日本で降る雨の大部分は上空の雪が融けたものです。

雨を降らせる典型的な雲のひとつが積乱雲。この雲は背が高く、高い空では雲の温度は夏でも氷点下になります。