八村塁もまた標的になってきた。実際、塁と阿蓮の八村きょうだいの今年5月の一連のツイッター投稿によれば、2人とも差別的なコメントを投げかけられている。阿蓮によると、彼のインスタグラムに当てられたメッセージには、彼と兄は「間違って生まれた」のだから「死ぬべきだ」と書かれていた。これに対して、塁は「そんなメッセージは毎日のように届くよ」と返している。

攻撃の対象になりやすいグループに属している

それでも、大坂がなぜこんなにもそのような罵りの標的にされるのかは、答えるのに複雑な問題だ。その理由はおそらく、彼女が、しばしば恐怖や憎しみ、そして無知を基盤にする集団の攻撃対象になるいくつかのグループに属する注目の人物だということだろう。

1. 彼女は女性で、アメリカや日本では、女性嫌悪(ミソジニー)が依然として残っている。
2. 彼女はアジア人で、#StopAsianHateに同調するアジア系に対する人種差別撤廃の運動に対する関心は高まっているが、この問題を緩和するにはほど遠い状況だ。
3. 彼女は異人種の両親を持っており、ということは、彼女は無知、差別、自覚なき差別、そして阻害化の標的になりやすい。
4. 彼女は精神疾患、つまりうつ症状を患っている。したがって、彼女は精神疾患にかんする無知や誤解、こうした病気を患う人への差別的な視線に耐えなければならない。

一方で、SNS上には大坂に対するねぎらいやサポートの声もかなり多く、否定的なコメントの数は比較的少ないように思われる。

そんなに勝ちっ放しってありえないですよ。負けるときだってあってあたり前にです。だからこそ強くなれるんでしょう。良く参加してくださった。頑張ってくれてありがとうございます。ゆっくり休んで、次に備えて下さい。

大坂は9月の全米オープンに出場する見通しであり、早めにオリンピックを離脱したことは残念ではあるが、全米オープンでのタイトル防衛に向けた肉体的、そして何より精神的な準備の時間をより多く取れることになる。

私はこれからも彼女を応援するし、少なくない日本人がそうするはずだ。こうしたことに積み重ねが、日本が開会式で見せようとした多様化につながっていくことを願っている。

著者:バイエ・マクニール