ある日の昼下がり。商業ビル・大宮アルシェの5階「大宮がちゃ処」で、春日部市在住の40代男性が熱心にカプセルトイを回していた。1回300円の”ガチャ”を回すこと計5回。とうとう目当てのアイテムを引き当てた。

男性は「大宮アルディージャのファンなので、『NACK5スタジアム大宮』がほしかったんですよね」とうれしそうな表情を浮かべる。

彼が回していたのは「大宮ガチャ」。8種類のキーホルダーが入ったカプセルトイだ。今年3月に第1弾が発売されると、”大宮愛”あふれるラインナップが話題を集め、累計販売数3万個超の大ヒットとなっている。

さらに今年9月、今度は”浦和愛”を感じる「浦和ガチャ」が登場。こちらもすでに約8000個が売れる大人気ぶりだ。

「われわれは”謎ヒット”と呼んでいます」と笑うのは、アルシェの代表取締役社長・中島祥雄氏。大宮ガチャと浦和ガチャを企画したその人である。

大宮ガチャのきっかけは”内輪ネタ”

大宮ガチャの人気ラインナップ(一部)。日高屋が大宮発祥というのを知らない方も多いのでは? (筆者撮影)

大宮ガチャ誕生のきっかけは、”内輪ネタ”だ。大宮出身の中島氏が、仕事仲間と”大宮のグッズ化”で盛り上がったところから話は始まる。

「大宮は『名所がない』『誇れるものがない』って言われがちです。でもあえてそういう街で、自分たちにしかわからない”ドローカルグッズ”をつくったら面白いんじゃないかと話していました」(中島氏)

仲間との内輪ネタが、気づけば本格的な企画として走り始めた。そこには、新型コロナ感染拡大という未曾有の事態も影響する。

「去年コロナが流行し始めたときに『こういうときだからこそ、何か面白いことをしよう』という話にもなって。人を集める必要がなく、なおかつ面白いネタを模索していたら、”ガチャガチャ”に行き着きました」(中島氏)

企画開始から約1年後の今年3月、大宮ガチャの第1弾を発売。ラインナップは全8種類。大宮の定番スポット「氷川神社」や、知る人ぞ知る老舗純喫茶「伯爵邸」など多彩だ。「われわれの独断と偏見で選んでいる」(中島氏)というマニアックなラインナップが、人気に火をつけた。