10月24日夜、テレビアニメ「鬼滅の刃 無限列車編」(フジテレビ系)の第3話が放送され、三たびツイッターのトレンドワードランキングを賑わせることが予想されています。

ここまで第1話では新作のオリジナルストーリーが描かれたものの、第2話では劇場版とほぼ同じ内容でした。しかし、ファンを喜ばせるための努力を惜しまない「鬼滅の刃」制作サイドらしく、再編集しただけではありません。第1話の新作だけでなく、第2〜7話には約70カットの新作追加映像、新規追加BGM、新作予告編、新主題歌映像という楽しみを用意していました。

これらに熱心なファンが歓喜している一方、ライトなファンから「あれ?これは映画の再放送だったの?」「この前放送したばかりなのに何で?」という戸惑いの声がネット上に上がっていたのも事実。では、なぜこのような形での放送に至ったのか。

「これほどの国民的アニメだから繰り返し放送するのは当然」という見方もありますが、決してそれだけではないでしょう。テレビアニメ「鬼滅の刃 無限列車編」はコンテンツの可能性を探るポジティブな試みであり、ひいては、テレビ局の意識変化や新たなマネタイズを感じさせるものなのです。

短尺派への対応と新作への助走

まず前提として挙げておかなければいけないのは、今回の「無限列車編」は“映画の再放送”ではなく、“テレビアニメ版”という位置づけであること。「第1期の『竈門炭治郎 立志編』と、今年12月5日スタートの『遊郭編』を(劇場版ではなく)テレビアニメという形でつなぐ」という意図のもとに放送されているものです。

そのうえでメリットと言えるのは、劇場版の117分を全7話のテレビアニメにすることで、1話あたり20数分のコンテンツにできること。短尺のネット動画に慣れた人々が多い今、1話20数分にすることで、未視聴の人も見やすくなるほか、視聴済みの人も気軽にリピートできます。さらに、「放送時間、オープニングとエンディング、次回予告など、テレビアニメシリーズ全体の構成」もコレクションしている人にとってはメリットの1つでしょう。