結婚相談所の経営者として婚活現場の第一線に立つ筆者が、急激に変わっている日本の婚活事情について解説する本連載。今回は、20代女性ばかりとお見合いする50代男性の心理に迫ります。若い女性を求める50代男性にとって、女性はどのような存在なのでしょうか。

自分の娘と同じ年齢の女性と結婚したい

今、弊社の結婚相談所に入会している男性のうち、私が「前のめりだな」と感じるのが、50代の男性たちです。女性に対してとにかく積極的。しかも、必ずといっていいほど若い女性を狙います。

お見合い相手の希望年齢に「25歳」と書く人は1人2人ではありません。若い女性を見ると、たとえ弊社のスタッフであっても「あの子とお見合いしたい」と言うので驚かされます。この積極性の背景には何があるのでしょうか。

こうした男性は自分がかつて一番結婚願望が強かった20代前半の頃の理想の女性像をアップデートできていないのかもしれません。彼らが20代だった1990年代、男性の平均初婚年齢は28.4歳、女性は25.9歳でした。もっと言うと、彼らが生まれた頃にあたる1970年は男性が26.9歳、女性が24.2歳。そこから時が止まっているのではないでしょうか。

実際、「男は年をとると、理想の女性の年齢がどんどん若くなる」と言った男性もいました。25歳で初めて結婚した時は、妻も25歳。30歳になっても25歳の女性と付き合うことができる。40歳になっても同じ。50歳になって再婚したいのも25歳。「自分が魅力的であれば、女性の年は関係ない」という持論でした。2019年の平均初婚年齢は男性31.2歳、女性29.6歳です。それが現実です。