文句なしで「今冬ナンバーワンの話題作」と言っていいでしょう。ドラマ「ミステリと言う勿れ」(フジテレビ系)が序盤から結果と評判の両方を得ています。

特筆すべきは、第1話が個人8.1%・世帯13.6%、第2話が個人7.8%・世帯12.7%の視聴率ではなく、ネット上の配信再生数。第1話の配信再生数は1週間で424万回を記録(FOD、TVer、GYAO!、Yahoo!の合計値)し、なかでもTVerの配信再生数は民放全局全作の初回最高となる350万回を記録しました。

この結果は「テレビウォッチャーとネットユーザーを両取りしている」という証しであり、いかに興味関心を集めているかがわかるでしょう。また、ツイッターやネットニュースのコメント欄に書き込まれる評判も、一部の原作ファンを除けばおおむね好評。ネット上には、主演の菅田将暉さん、原作者の田村由美さん、チーフ演出の松山博昭さんらを称える声が次々に挙がっています。

「ミステリと言う勿れ」は、何が支持されていて好スタートを切り、その立役者は誰なのでしょうか。

事件と関係のない言葉すら話題に

ここまで「何が支持されているのか」と言えば、真っ先に挙げられるのが主人公・久能整(くのう・ととのう)を演じる菅田将暉さんの長ゼリフ。事件の真相究明とは関係のないシーンで放つセリフですら、さまざまな反応を集めていることが、それを裏付けています。

たとえば第1話では、スタートからわずか8分で放った長ゼリフが早くも話題に。整は飼い猫の死に目に立ち会えず落ち込んでいる風呂光聖子(伊藤沙莉)に、「きっと風呂光さんのことが大好きだったんですね。あなたに死ぬところを見せたくなかったんです。猫の習性ってだけじゃなくて」と語りかけました。

さらに「そういうのって猫に限った話じゃないですけどね。うちの母方の祖母も、入院中そばに誰かいつもいたのに一瞬、人がいなくなったのを見計らったように亡くなりました。母は嘆いていたけれど、僕は祖母の意思だと思う。強くて優しい人だったから、死ぬときに見られたくなかったし、見せたくなかった。それは祖母の、猫のプライドと思いやりです」と続けて、ペットに限らず大切な存在を失ったことがある人々の共感を集めました。