今、世界中でインフレが急速に進んでいるという。教科書どおりに書くなら、インフレとはモノの値段が上がることで、100円で買えたものが150円出さないと買えなくなる状況だ。

よく「インフレに強いのは金や投資商品」と言われ、筆者も「インフレ対策に買ったほうがいいものは?」と質問を受けることが増えてきた。インフレではお金の価値が下がっていくので、モノに替えたほうがいい場合もあるが、はたして何を買うべきだろうか?

手に入れたいのは持ち家、パソコン、車だが…

そんな折に、興味深いアンケートを見た。2022年3月にリサーチ会社マイボイスコムが行った「消費スタイルに関するアンケート調査」における、自分にとって“手に入れる価値があると思うものは?と”いう質問への答えだ。

最も多かったのは、「持ち家」で36.6%、続いて 「パソコン」29.5%、「車」25.9%、そして「スマートフォン・携帯電話」が21.7%の順で上位を占める。

かたや、“なくてもかまわないと思うもの”については、「高級ブランドの服・バッグ」63.7%、「宝飾品」63.3%、「ゲーム機」が52.1%、と半数を超え、「コレクターズアイテム」「美容・エステ」「高級レストランでの外食」が各40%台となっている。

なお、回答者は10代〜70代の男女だが、分布としては40・50・60代の占める割合が多めだ。