2022年のプロ野球前半戦について「ファンサービス特別賞」のような枠があるとして、私が審査員なら、北海道日本ハムファイターズの通称「きつねダンス」に授与したいと思う。

プロ野球ファン以外の方には、いまだ、あまり知られていないかもしれない。ファイターズのホームゲームのイニング間に、ファイターズガールが踊るこのダンスが、やたらと盛り上がっているのだ。

札幌ドームのイニング間に行われているきつねダンス。パーソル パ・リーグTV公式より

新庄剛志を監督、いや「ビッグボス」として招聘し、ご存じのようにオフシーズンの話題をかっさらったものの、ペナントレースに入ると、大方の予想通り、チームは最下位に低迷。

しかし、松本剛、野村佑希、万波中正ら、高校卒のヤングファイターズがめきめき頭角を現してきたこと(このあたりはビッグボスの好影響か)に加えて、「きつねダンス」が、球団としての明るい話題となっている。

と、東洋経済オンラインらしく、理路整然と前置きすることはできるのだが、肝心のダンス自体は、映像からもわかるように、実に他愛のないものだ。

きつねダンスを踊る観客も多く話題に

しかし、これが盛り上がっている。ファイターズガールと一緒に、このダンスを踊る観客も多く、またSNSでは広く話題が拡散。「松本剛を知らずとも『きつねダンス』は知っている」という層も多いはずだ。

というわけで今回は、この「きつねダンス」を取り上げたい。ただ、ダンス単体ではなく、後述する来季からの新本拠地の凄みと併せて見ることで、これからのファイターズ、ひいてはこれからのプロ野球の未来を考えてみたいと思うのだ。