結婚して二十数年のエリコが選んだのは、ひとりで生きる人生。

選んでみてはじめてわかる、喪失感と焦燥感……。

「夫に愚痴っていた友人たちはうまくやっているというのに。私は自分に正直すぎたの……?」

離婚は未来を明るく照らす行為だったのか、それとも老後を棒に振る愚行だったのか?

主人公エリコの本当の「人生最大の失敗」とは、何だったのでしょう……。第25回手塚治虫文化賞短編賞受賞作『消えたママ友』の作者、野原広子さんによる最新作です。

著者:野原 広子