人前で話すと緊張して顔が真っ赤になってしまう。声が震えてしまう――。

こうした“あがり体験”をする人は少なくないだろう。そのなかには、人前に出るということを考えるだけで強い不安感を覚え、苦しんでいる“あがり症”の人もいる。

なぜこうした症状が現れるのか。あがるという体験とあがり症は違うのか。あがり症克服協会代表理事の鳥谷朝代さんと、精神科医の藤井英雄さんに話を聞いた。

関連記事:【あがり症・対策編】緊張和らげる即効ストレッチ

長年会社に勤めているが、プレゼンがあると思うと不安でいっぱいになってしまう。プレゼンのたびに声の震えが止まらなくなってしまうのだ。

大勢の人の前で話す際に緊張する。こうしたことは、誰しもが多かれ少なかれ経験したことのある“あがり体験”だろう。だが、社会生活に支障が出るほど苦痛に感じる“あがり症”の人もいる。いったい両者はどこが違うのだろうか。

「あがり症は『社交不安障害』の1つで、人知れず悩んでいる人は一定数存在します」と話すのは、精神科医の藤井英雄さん。

そして、こうした人のための克服講座を全国各地で開催しているのが、あがり症克服協会だ。同会代表理事の鳥谷朝代さんは、2004年から現在に至るまで、累計7万人以上のあがり症の人たちを支援してきた。

自分だけがひどいのではないか…

鳥谷さんによると、講座を受けに来る人の多くは30〜40代。「自分だけがひどいのではないか」「そもそも治るのかわからない」と、50代で悩んでいる人もいるそうだ。

特に同協会の講座の受講生で目立つのが、経営者だ。結婚式のスピーチや、歓送迎会、忘年会でのあいさつなど、経営者はさまざまな場面で人前に立つことが多い。コロナ禍でそうした機会は減ってきてはいるが、オンライン会議での報告など、新たな悩みも出てきている。

経営者になれば、人前ではあがらないのでは? と考える人もいるだろう。だが鳥谷さん曰く、意外と「1対1の場面ではスムーズに話せるが、大勢の前では頭が真っ白になる」らしい。