「食の裏側」を明かし70万部を突破する大ベストセラーになった『食品の裏側』の著者、安部司氏が開発したレシピ集『世界一美味しい「プロの手抜き和食」安部ごはん ベスト102レシピ』が8刷6万5000部を突破し、話題を呼んでいる。

『食品の裏側』発売後、全国の読者から受けた「何を食べればいいのか?」という質問に対する答えとして、安部氏が自ら15年かけて開発した膨大なレシピノートの中から、「簡単に時短に作れるレシピ」を厳選した1冊だ。

いまなお食品添加物の現状や食生活の危機をメディア等で訴え続けている安部氏が、「平気で『市販のお弁当』を買う人が知らない超残念な真実」について語る。

お弁当は「差」が激しい。「安さ」の裏側は?

食事をつくれないとき、出かけるときなど、「市販の弁当」は非常にありがたい存在です。

ご飯とおかずが詰め合わされているから、これ1つで食事が完結するし、家族で食べる場合も、それぞれが好みのものを選ぶことができます。

みなさんも一度ぐらいは利用されたことがあるのではないでしょうか。なかには日常的に食べているという人も少なくないでしょう。

しかしみなさん、「市販の弁当」がどのように作られているか、その「裏側」をご存じでしょうか。

今回はいわゆる「仕出し弁当」「持ち帰り弁当」のつくられ方を見ていきたいと思います。

つくられ方といっても、もちろん業者によって違いがあります。

家庭でつくるのと同じように手作りしたり、添加物をほぼ使わずにマジメにつくっている業者も存在しますただ、残念ながら少数です。

あるいはメインの惣菜だけ自前でつくって、煮物など副菜のみ仕出しを使うところもあります。その意味では「お弁当は『差』が激しい」といえます。

ここではあくまでも「こういうつくられ方をしているところもある」という一例としてご覧いただければと思います。

わかりやすい例として、人気の「ハンバーグ弁当」を考えてみましょう。

「激安で売られている弁当」は、「裏側」でこのようなつくられ方をするところが少なくないのが実情です。