“働く”ことに向き合う、心温まる社会派ドラマ。

職業訓練校。

ここは、年間約500人の失業者が、再就職を目指す場所。

年齢も、過去も、すべてがバラバラな人々をつなぐのは、彼らが全員“無職”だということ。

高校卒業後、7年間バイト生活のみで、同居の姉に助けられ生きてきた利隆。

しかし、姉が婚約をしたことをきっかけに“姉ちゃんをしっかり送り出したい”と思い正社員を目指すことに。

職業訓練校での200日間で、利隆はどんな大人になっているのだろうか──。

『無職の学校〜職業訓練校での200日間〜』(小学館)より一部抜粋してお届けします。

著者:清家 孝春