阪神タイガースが38年ぶりに日本一になった夜、日曜劇場『下剋上球児』(TBS系 日曜夜21時〜)で鈴木亮平演じる主人公・南雲が警察に自首をした。「私がやらかしました」「不正を働きました」と言う南雲。どんな不正をやらかしたのかといえば、教員免許の偽造である。資格がないのに高校教師として野球部の指導をしていた罪の意識に耐えかねて出頭したのだ。

事情はともあれ、主人公が不正だなんて受け入れがたい。そんな戸惑いや批判の声がSNSで飛び交っている。無免許医師の漫画『ブラック・ジャック』は愛されるのに、なぜ、無免許教師のドラマ『下剋上球児』はドン引きされるのか。ドラマを読み解き、このドラマの存在意義を見つけ出してみたい。

クリーンなスポーツものと思っていたら

『下剋上球児』の舞台は三重県。県立越山高校野球部は、やる気のない幽霊部員ばかりの弱小だった。主人公・南雲は、その野球部の次年度の顧問兼監督に打診されるも固辞していたところ、新たに赴任してきた家庭科担当の教師・山住(黒木華)が野球部を立て直したいと張り切る。

山住の情熱もあって、南雲は夏の間だけ、部を指揮することに。強豪・星葉高校と対戦し、甲子園を目指しての地方大会1回戦へ――。この夏が終わったら、教師をやめよう。そう決意して南雲は、最後の夏、部員たちととことん燃え盛る。

古くは『がんばれ!ベアーズ』的な、いや、『ROOKIES』的な、といったほうがわかりやすいだろう。古今東西、弱小野球部の逆転ストーリーはみんな大好き。『下剋上球児』もそのフォーマットに沿って、弱小野球部が甲子園を目指すワクワクものと思って見ていたら、主人公が、教員免許を偽造して教師をしている後ろめたさを抱えているという、クリーンなスポーツものとはムードがいささか違っていた。