アラフォーといえば仕事が波に乗り働き盛りだったり、育児に奮闘している人も多い世代だ。そんなアラフォー世代が離婚をした場合、どのような変化があるのだろうか。20代のときと30代のときに離婚をした54歳の女性に話を聞いた。

2回目の離婚後、生前贈与で潤う

Zoomの画面に現れた飯島百合子さん(仮名、54歳)は終始くったくのない笑顔で愛嬌のある女性だった。飯島さんは24歳で1度目の結婚をするも28歳のときに離婚、その後36歳のときに2回目の結婚(事実婚)をして43歳で離婚した。そして離婚から2カ月後に新たなパートナーと出会って婚約するも破棄してしまう。現在は50歳で結婚をした相手と穏やかな生活を送っている。

「私、振られた直後にノリですぐ結婚しちゃうんです。今の夫を除き、過去の結婚はすべて勢いです。でも最初の離婚のとき、結婚というシステムに懲りてしまいもう一生独身でもいいかなと思ったのですが、離婚から8年後に同棲した人と2回目の結婚をしました。ただ、2回目に結婚した人はバツイチで元妻と財産分与のことで揉めている最中だったので、巻き込まれたくなくて事実婚という形をとりました」

ちなみに飯島さんは執筆業をなりわいとしている。専業作家だったときもあるが、現在は作家とシステムエンジニアを兼業して暮らしている。