青春18きっぷが誕生したのが、1982年(当時の名称は青春18のびのびきっぷ)。それから40年あまり、筆者は「18きっぷって年齢制限あるんじゃないですか?」という疑問を何度聞いたことだろう。だが、それ以上に誤解を招きかねないきっぷがある。それが京浜急行電鉄の「葉山女子旅きっぷ」だ。

何しろこのきっぷ、女子旅どころか、男性を含むあらゆる人が利用可能なのだ。そこで、11月の休日、中年男子?の筆者がこのきっぷを使い倒してみた。

「葉山女子旅きっぷ」の仕組み

「葉山女子旅きっぷ」には、以下のものが含まれる。

・泉岳寺・品川〜逗子・葉山駅までの京急電鉄の往復乗車券(京急川崎発・横浜発もある)
・逗子・葉山エリアでの京急バスが乗り放題
・ごはん券(エリア内の指定されたレストランでの食事券)
・ごほうび券(クルーズ、軽食、雑貨などの無料提供)

あとで具体的に記すが、このきっぷ、利用法によっては圧倒的にお得なのだ。

なお、磁気乗車券とデジタルきっぷの2種類があるが、デジタルきっぷが最大10%ほど安い。品川発であればデジタルきっぷが3630円〜4030円(利用日により異なる)、磁気乗車券が4030円だ。

さらにデジタルきっぷなら現在「かながわ鉄道割」が適用されるため、平日なら30%、休日でも20%割引となる。「かながわ鉄道割」の期間は2024年1月31日までだが、予算の上限に達した時点で終了となる。

今回は「かながわ鉄道割」も使い3030円だった。